60歳以上からの求人を探す方法と転職・再就職の情報

1.高年齢者雇用安定法を知っていますか

 昨年4月に改定された高年齢者雇用安定法(以下、「法」という。)は、定年である60歳以降も希望すれば継続して職の機会を与えるというもので実質的に定年年齢を引き上げることに一定の役割を果たすものと考えられています。しかしこれは60歳以前からの在職者を対象とするもので、60歳以上の求人案件が増えるというわけではありません。むしろ定年を迎えてもそれ以降就労を希望すれば再雇用することが企業に義務付けされたことから、外部からの
採用の機会が減少すると考えるべきでしょう。いや、激減するといった方がいいでしょう。
 というわけでまだ働く意思があるのなら、定年で退職しないで、、再雇用を会社に申し出るようにしてください。ただ雇用形態は今までの正社員から嘱託や契約社員、パート社員等に変わることになると思われます。そうなると以前より給与が減ってしまうことが想像されますが、60歳以上も雇用義務が課せられた企業の固定費負担増を考えれば仕方ないことかもしれません。他に職を探しても正社員での求人を探すことは至難の業ですから、探すための膨大な時間が無くなるだけでも満足すべきです。一般には社会保険も半額会社負担のまま継続されますので、是非とも法の活用をお勧めします。

 

2.他に職を求める場合のポイント

 先の法を活用して現職に留まろうという方もいれば、様々な事情で他に職を求めなければならない方もいるでしょう。また既に60歳以上に達していて、求人を探している方もいることでしょう。先述したようにとても難しい局面に挑もうとする方です。しかし、難しいというのはこれまでと同じ「正社員で働きたい」と思うから難しいのであって、パート社員や契約社員等の非正規雇用まで視野を広げれば決して難しいことではないのです。とはいえ、案件が潤沢
にあるわけでもないですが。
 いくら元気な高齢者が増えたといっても、学卒の新入社員のようにこれから数十年間働けるという年代でもありませんから、契約期間の更新を繰り返した方が使う方も使われる側も実は都合がいい筈なのです。これを前提に以下に求人探しのポイントを挙げてみましょう。

 

1)シルバー人材センターに登録する。
 今では有料職業紹介事業も行えるようになったため、以前より、より積極的な紹介が期待できますので登録するといいでしょう。

 

2)体力を付ける
 積極的に高齢者を雇用する代表格として介護・福祉業界があります。しかし体力が必要です。高齢者を抱きかかえお風呂に入れたり、トイレの介助等は若者でも腰を痛めかねません。高齢者が高齢者を介護する場合、二人以上で行う場合が多いのですが、やはり体力を付けておいた方がいいでしょう。仕事場には常にコルセットを腰に巻く、という習慣も大切です。

 

3)人材紹介会社を利用する。
 高齢化を飛び越え、今や本格的な高齢社会です。そうした中で、人材紹介会社も高齢者専用の求人案件を扱っている場合も増えてきています。そうした紹介会社をお子さんにパソコンで探してもらったり、ハローワークに相談するのもいいでしょう。

 

3.まとめ

 60歳以上の求人はまずは高年齢者雇用安定法を利用すること。次に非正規雇用の求人案件を探すこと。求人が出そうな雑誌、機関、街中の電柱のポスター等を最大限活用し、まずは求人案件を探すことに傾注すること。仕事の内容は二の次でいいのです。まずは総体的に少ない求人ですから、自分には少し難しいのではないか、等を考え機会を逸することがあってはなりません。とにかく求人を集め、その後で無理かもしれない、と思った案件には相談してみる、
といった積極的なアプローチが1日も早い就職に辿り着ける道と考えましょう。

 

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
大手リクルートが運営している転職サイトだから安心で、求人情報も毎週更新されています。